ベビーに安心な飲み物とは|赤ちゃんの肌を守る方法|乳児湿疹の原因を知ってしっかりとケア

赤ちゃんの肌を守る方法|乳児湿疹の原因を知ってしっかりとケア

ベビーに安心な飲み物とは

コップ

いつから必要なのか

赤ちゃんの水分補給は、離乳食が始まる生後5〜6か月くらいまではミルクや母乳だけで十分です。ただし、生後3か月以降であれば、お風呂あがりなど汗をかいたときにミルクや母乳を補うものとして、水や麦茶を与えるのは良いとされています。ただし、あくまでもミルクや母乳がメインとなるため、水や麦茶でお腹がいっぱいにならないように気を付ける必要があります。また胃腸の発達が未熟な新生児から生後2か月までは、下痢などを起こす可能性があるため、水や麦茶を与える時には注意が必要です。本格的に水や麦茶が必要になるのは離乳食が始まってからです。それまでは赤ちゃんのお腹の調子を見ながら、必要に応じて少しずつ与えると良いでしょう。

どんな種類を選ぶべきか

赤ちゃんのミルク作りにミネラルウォーターを選ぶ人も多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか。赤ちゃんの胃腸は大人と比べて未熟です。大人に良いものが赤ちゃんにも良いとは限りません。特にミネラル分の多い硬水は赤ちゃんの未熟な胃腸では吸収できないため、下痢などを引き起こす可能性があります。硬水と比べてミネラル分の少ない軟水であれば、赤ちゃんの胃腸に負担をあまりかけずに済みます。ただ、それでも多少はミネラル成分が入っています。そのため、赤ちゃんのミルク作りには、ミネラルウォーターより、不純物が一切入っていない純水(ピュアウォーター)がおすすめです。ベビーグッズの取り扱いがある販売店などでペットボトルで販売されています。